失恋したときのBGMの存在

人間が生きる上で、BGMの存在は大きく輝きを放っている。
映画にしてもそうだ。
あの映画は良かった、と思い出すときに真っ先に頭に浮かぶのは、その内容よりも音楽だったりする。
ファッションショーでも音楽が流されることが多いが、その音楽のチョイスによってコレクションのセンスが問われる。

それだけ音楽の持つ力は計り知れないのだが、困るのが耳にした途端その場面に引き戻されることだ。
ところ場所かまわず。

私が昔失恋したときも、音楽が流れていた。
この失恋が、まあ失恋というのは大抵の場合そうだろうが、とってもつらい思い出である。

まさかふられるなんて思ってもいない完璧な状況だったのだ。
絶対に相手も自分に好意があると確信していた。
どうやら自分だけがそう思っていたらしいと、今振り返ると少しくすっと笑ってしまうのだが、当時の私としては満を持して思いを伝えた。
そして驚きのごめんなさいだった。

そこに流れていた曲を耳にすると、今でもその時のことがまざまざと思い出される。
その場所は忘れもしないとある駅だったが、瞬時に記憶がその場所に戻ってしまうのだ。
暮れ近い季節で、身も心もうら寒い思い出だ。

やっかいなのはそれが名曲で、すたれることなく色々な場面で流されること。
テレビでも街中でもそれこそ本当に色々なところで耳にする。
だから私はこれからもずっと、失恋の思い出をひきずったまま生きていかないといけないのだ。

いつか乗り越えられる日が来るのだろうか。
早いところ、その私をふった相手よりも幸せになってしまいたいと、こすいことを考えている。

»